外に出なくてもお金は稼げる!時代は変化している!

今日は私が在宅ワークというものを知るきっかけになった出来事と、在宅ワークというものがいかに新しいものであるかということを記事にしたいと思います。

在宅ワークについてみなさんはどのくらい知っているでしょうか?恐らく在宅ワークをしたことがない人は、「家でする仕事」くらいにしか捉えてないかもしれません。確かに在宅ワークとは文字通り家でする仕事なのですが、外に出てする仕事とはそれ以外にも様々な点で異なっているのです。

私は当時大学2年生でした。

就職活動に向けて準備をしている時期で、常に足を動かしていた記憶があります。私は大学を卒業したら当然のように就職し、当然のようにサラリーマンとして働いていくものだと思っていました。毎日満員電車に乗って、毎日会社で上司に怒られて、毎日深夜に帰宅して…と当然のようにそのような毎日を過ごすつもりでいました。それ以外の道があることを知りませんでしたし、それ以外の道を歩もうなどとは夢にも思ったことがありませんでした。

ですがある日私の友人が就職活動に向けて準備を全くしていないという情報を手にします。

その友人が不真面目な奴であればただのだらしないやつで一蹴したかもしれませんが、そいつは決して不真面目ではなく、むしろ勤勉なほうだったので、私はなぜそいつが就職活動をしないのかとても気になったわけです。そいつに話を聞きに行ったところ、そいつは「在宅ワークでお金儲けをするんだ」と言いました。私は在宅ワークといえば、会社に勤めている人間が家に持ち帰って仕事をするくらいにしか認識していなかったので、「会社に勤めてもいないのに、何を言っているんだこいつは」と似たようなことを思ったことを記憶しています。

その後私は自分で在宅ワークについて調べて、在宅ワークでお金儲けをするということがどんなことなのか、本当の意味を知るわけですが、その時の衝撃といったら言葉に言い表せないほどでした。会社に通わず、生計を立てていくという道があるんだということに気が付いた時、なんだか一筋の光が見えたような気がしたのです。

在宅ワークでお金儲けをするということはまだまだ歴史が浅く、新しいことであるといってよいでしょう。

その証拠に少し古い年代の人に在宅ワークで生計を立てているということを話すと、皆私の仕事について疑問を持ち、さらに私は怪しまれてしまいます。冒頭で述べたとおり、在宅ワークとはまだまだ世間的に認知が甘いのです。

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ